[`yahoo` not found]
LINEで送る

こんにちは。

神戸の英語保育、英語のプリスクール【リトルスプラウト】のウェブ担当をさせていただいている、岡田です。

さて今日は、少し怖い内容と言うか、かわいそうだとお感じになられる方もおられる内容になるかもしれません。

 

その内容は、神戸の英語プリスクール【リトルスプラウト】を開いた理由とも関係しています。

 

リトルスプラウトでは、ただ英語が話せるようになるための、詰込み型の教育をするプリスクールではなく、

日本人として、自分の国に誇りを持ちながら、国際人として活躍できる人材に育てるプリスクールです。

自分の国に誇りを持っていない人は、諸外国の人達からは、信用してもらえないからです。

アメリカなどに留学した人は

「君の国の首相は誰だい?」「どんな政策をしようとしているんだい?」「君は、自分の国はどんな国だと思っている?」

といったように、どんどん意見を求められたと口を揃えます。

そんな中で、自分の国に誇りを持たず、関心もなかったという人は、あまり話も盛り上がらず、相手にしてもらえないようになり、大きなショックを受けてしまうのです。

英語のプリスクールで講師を務める日本人先生の多くは、海外留学経験や、海外長期滞在の経験をお持ちです。

そんな中で、このようなショックを受けた経験をお持ちの方は、多くおられます。

だからこそ、「自分の国に誇りを持ちながら、英語を話せる人材でないと、話にならない。」ということを知っているのです。

英語保育、英語のプリスクール…ただ英語を詰め込むと、その子はどうなる?

神戸の英語保育、英語のプリスクール【リトルスプラウト】では、日本語の教育や、日本の幼児教育も取り入れています。

英語が話せるようになるのは当たり前のこととして、それに加えて、日本語の教育、日本の幼児教育を取り入れているのです。

これはなぜなのか?という理由について、ご紹介をします。

小学校に入ると…浮いてしまう?!

英語のプリスクールやインターナショナル系の幼稚園に通っていた子どもの多くは、その後、一般的な小学校に進学します。

公立であれ、私立であれ、小学校は基本的に日本語で授業が行われ、国の方針に沿った教育が行われます。

そんな中で、英語だけしか使わないプリスクールやインターナショナル系の幼稚園に通っていた子どもは、

幼児期をずっと英語だけで過ごしてきたため、小学校に入った後、全く違う雰囲気に、多くの子どもが浮いてしまうのです。

逆に、「自分は英語を話せるんだぞ!」と大きな態度を取らないと、自分を失ってしまいそうな状態になる子どももいます。

どちらにしても、小学校に入った途端に子どもが良くない方向にガラリと変わってしまった、という話は、珍しい話ではありません。

リトルスプラウトで、日本語の教育や、日本の幼児教育を取り入れているのは、こうした、浮いて孤立してしまう子どもにしないためです。

浮いた子どもの将来は…?未来はどうなるの?

英語しか教えないプリスクールや、インターナショナル系の幼稚園の出身で、その後、小学校に進学して浮いてしまった子どもは、どうなっていくのでしょうか?

中学校や高校へ進学していく中で、何とか軌道修正できるお子さんも、もちろんおられます。

しかし、幼少期に身に着けた感覚や感性というのは、その人の一生を左右すると言われるほど、大きな影響を持ちますので、多くのお子さんは、軌道修正ができません。

そのまま大人になると…他の人達から嫌がられてしまうような人間になってしまう可能性もあります。

実際にあったケースですが、たとえば漢字がほとんど読めず、いちいち周囲の同僚や上司に「訳してもらう」必要がある人や、日本語での意思疎通が少し難しい人など…これは実際に、おられるのです。

そうなってしまうと、周囲の人達からは「あの人は仕事ができない…というよりも、それ以前の問題だ」となり、より孤立してしまう結果になるのです。

 

リトルスプラウトの教育方針として、日本語の教育や、日本の幼児教育を取り入れている理由は、子どもの未来、将来を、こうした悲しく苦しいモノにしないためです。

 

英語だけの英語プリスクールに、すでに通わせてしまっている保護者の方は?

「もう現在、英語しか話さないという英語プリスクールに子どもを通わせてしまっている…」

「ウチの子どもにも、そういった苦しい悲しい未来が待っているの…?」

そんな保護者の方のために、子ども未来を変えるためにできることを、ご紹介したいと思います。

日本語の教育、日本の幼児教育を、別で取り入れましょう

物事は何でも、「良い部分」に光を当てるのが良いと感じます。

英語しか使わない英語プリスクールや、インターナショナル系の幼稚園に通わせているという事は、

英語を話せるようになるという部分だけを取り上げれば、ほぼ心配しなくても良いでしょう。

 

ですので、日本の幼児教育や、日本語教育も行っているアフタースクールに通わせるのが、良い方法です。

たとえば神戸の英語保育、英語プリスクールのリトルスプラウトでは、夕方から、特別なクラスも設置しています。

そこでは、日本語をベースとして学びながら、英語も話せるように過ごしている子どもたちがいます。

彼らと触れることで、英語のみの保育生活とは違った刺激を受けられるでしょう。

 

英語のプリスクールを、変えてしまう。

神戸の英語保育、英語のプリスクール【リトルスプラウト】には、ご家庭の事情などもあって、いくつか通うスクールを変えてきた保護者の方も、おられます。

そんな保護者の方は、「いくつかスクールに通わせてきたけど、リトルスプラウトに通わせてから、子どもの成長、変化が凄い!」

といったお声を寄せてくださいます。

その理由は、日本語の教育、日本の幼児教育も取り入れた、英語のプリスクールだからです。

たとえば「今日はスクールでこういう事をしたんだよ!」と、お子さんが保護者の方に話すとします。

その時、お子さんは、保護者の方と同じ言語である「日本語」でやりとりをします。

そうすると、お子さんとしては「保護者の方と意思疎通できた!」という喜びも生まれるのです。

 

しかし、英語だけしか使わないスクールでは、日本語の能力が伸びませんので、

何をやったのか、何があったのかを、保護者の方と共有しにくいという側面もあるでしょう。

 

そのため、思い切ってスクールを乗り換えてしまうというのも、一つの方法です。

 

英語のみのプリスクールに通う子どもの未来、まとめ

さて今日は、少し怖い内容になってしまいましたが、子どもの未来を考えた時、やはり日本人として生きていくなら、学んでおくべきことがある、という部分があるのかなと思います。

リトルスプラウトで、日本語の教育や、日本の幼児教育を取り入れているのは、そういった「日本人として、英語を話せて活躍できるようになってほしい」という願いがあるためです。

そういった日本語教育や日本の幼児教育をしなかった場合、せっかく時間も費用もかけて、子どものためにと思ったことが、かえって小学校で浮いてしまうなど、逆効果になってしまう可能性もあるということですね。

 

神戸のプリスクール【リトルスプラウト】へのお問い合わせはコチラ

トライヤル(体験入学)

現地のご見学

資料請求

は、お電話かお問い合わせフォームよりお問い合わせください。