[`yahoo` not found]
LINEで送る

こんにちは。

神戸の英語プリスクール、リトルスプラウトにて、ウェブ担当をさせていただいております、岡田です。

さて今日は、英語の早期教育について、ご紹介をしてみたいと思います。

早期に英語教育をする、というのが当たり前のような流れになってきていますが、実はここは非常に重要な部分でもありますので、

「子どもの将来のための英語教育を本当にお考えの保護者の方」

は、ぜひご覧いただければと思います。

というのは、早期の英語教育には、むしろ悪い結果を生んでしまう可能性の内容もあるからです。

 

 

早期の英語教育は、英語のプリスクールに任せる方がいい!

まず結論を書くと、早期の英語教育をお考えの方は、英語のプリスクールに子どもを通わせるのが、確実です。

その理由は、やはりプロの力を借りることで、より子どもの将来の可能性が広がるからです。

では、家庭で自己流の英語教育、あるいは教材を使った英語教育は、ダメなのか?というと、

実はここにこそ、早期の英語教育の落とし穴があります。

英語を学ぶ前に、やるべきことがある

当たり前のことほど、つい見落としてしまう。

…という事は、良くある話です。

これは英語教育でも同じです。

どういうことなのかと言うと、私たちは日本人です。

当たり前すぎて見落としがちなのですが、私たちは日本人ですので、まず日本語を学ばないと、子どもが後から苦労をすることになります。

 

日本で暮らすのだから日本語なんて自然にできるようになる。だから早くから英語をやっておいた方がいい。

…というのは、少し危険な考え方なんですね。

 

なぜなら、日本語で表現できないことを、どうやって英語で表現するのでしょうか?

逆に、英語で表現できるようになったとして、それは日本社会で暮らす上で、本当に優先すべきことなのでしょうか?

最先端の英語保育、英語のプリスクールの現場で、実際に行われているレッスンは、このような順番になっています。

1.子ども達ひとり一人が持つ個性、魅力、感性を、しっかりと引き出して、伸ばしてあげる

2.気持ち、想い、情報を、日本語で表現し、伝えられるようにする

3.日本語で表現したことを、英語でも表現できるようにする

 

つまり、まず最初に「伝えたいこと」を自分自身の中から生み出せる、クリエイティブな側面を伸ばしてあげて、

それを日本語で表現できるようにし、それを英語でも表現できるようにする。

これらを、子ども達が自然とできるように進めていくのが、英語のプリスクールなのです。

 

神戸の英語プリスクール、リトルスプラウトの英語教育は?

「子どもが英語を話せるようになること。これは当然であって、英語プリスクールとして当たり前のこと。」

リトルスプラウトの先生方は、このように口をそろえます。

 

英語のプリスクールなのだから、子どもが英語を話せるようにレッスンしていくことは、当然。

そうではなくて、さらに一歩二歩と踏み込み、「英語で何を話すのか?」「英語で何を表現し、伝えるのか?」

といった、「土台、中身をまずしっかりと作っていきましょう」というのが、神戸の英語プリスクール、リトルスプラウトの考えです。

 

家庭で、早期の英語教育をする必要はあるの?

ご家庭での早期の英語教育は、実は根本的な問題を抱えています。

それは、一般的はご家庭では、生活のすべてが日本語であるという点です。

もしご両親のどちらかがネイティブのアメリカ人で、家の中で日本語と英語が半々、という環境なら、

英語の早期教育には、一定の効果があるかもしれません。

しかし、子どもというのは親を真似ますので、ご家庭で日本語を使う以上、基本は日本語のみとなっていきます。

その中で、ほんの少し英語教育をしたところで、後からいくらでも追いつかれてしまうレベル以上に伸びない可能性が高い、ということが言えるのです。

 

 

早期の英語教育、大切なのは環境つくり?

英語のプリスクールでは、スクール生活の大部分が英語で行われます。

もちろん日本語も使いますが、一般的なご家庭に比べると、圧倒的に「英語を使う時間、聞く時間」が長くなります。

そうなると子どもたちは、当たり前のように英語を話し始めます。

実は英語教育には、教育の内容や、教え方のメソッドよりも。こういった「環境つくり」の影響が大きいとも言えるのです。

 

もう一つの問題は、親子の関係

ご家庭での、早期の英語教育には、もう一つの問題、課題があります。

それは、親子の関係です。

親子の関係と、先生生徒の関係というのは、違う部分も多くあります。

実際、英語のプリスクールの先生でありながら、自分の子どもをそのプリスクールに通わせている方は、

親としての自分と、先生としての自分を、しっかりと意識をしておられます。

 

ご家庭で英語教育をするとなると、やはり家庭の中ですので、いきなり親としての自分を、先生としての自分に切り替え、子どもとの関係を、親子から先生生徒に切り替えるのは、難しい部分も大きいんですね。

 

それが、英語教育を、プロの英語プリスクールの先生に任せるのがオススメな理由でもあります。

 

早期の英語教育、まとめ

早期の英語教育は、やはり本当に英語を学ばせたいと思うなら、英語のプリスクールに通わせるのが、最も良い手段だと言えます。

子ども英語教室でも良いのでは、と考える親御さんもおられると思います。

確かに子ども英語教室でも英語を学べますが、朝から夕方までの生活の中で自然に英語を使うプリスクールと、週に1時間ほどだけ英語を学ぶ英語教室では、結果に違いが出てくるでしょう。

 

神戸のプリスクール【リトルスプラウト】へのお問い合わせはコチラ

トライヤル(体験入学)

現地のご見学

資料請求

は、お電話かお問い合わせフォームよりお問い合わせください。