[`yahoo` not found]
LINEで送る

 

神戸市中央区で、

来年の4月から子どもを通わせる、

幼稚園をお探しのママさんへ

 

 

神戸市中央区で、幼稚園をお探しのママさんへ

神戸市中央区で、このような幼稚園をお探しなら…

 通わせるのに立地条件が良い

 日本語も英語も、両方を教育してくれる

 日本の幼児教育を取り入れた教育をしている

 少人数制で、安全面について安心できる

 小学校の就学までに、英語力をつけさせてあげたい

 

それなら、神戸市中央区の英語保育、英語プリスクールのリトルスプラウトがオススメです!

 

あなたは、こんなご不安をお持ちではありませんか?

「幼稚園は、子どもの一生を決めると言われるほど、重要な時期。ちゃんとした幼稚園を選べるだろうか…?」

 「人見知りが激しいけど、大人数のクラスでちゃんとやっていけるかしら…?」

 「これからの時代、小学校から英語が始まるそうだし、普通の幼稚園で大丈夫?」

 

そんな、お子さんの今と将来を本気で考えているあなたに、ぜひ見学にお越しいただきたいスクールがあります。

 

神戸の英語プリスクール、リトルスプラウトとは?

 

神戸の英語保育、英語のプリスクール【リトルスプラウト】は、2歳から5歳(小学校就学前)のお子さんに、

「母国語である日本語をしっかり学んでもらった上で、バイリンガルになるための英語教育も行う」

というプリスクールです。

 

自分の頭で考え、クリエイティブな答えを出せること。

仲間や友人を大事にし、また、大事にされるような大人になること。

そんな、これからの時代をしっかりと輝きながら生きていける大人に育てる、英語プリスクールです。

 

神戸の英語保育、英語プリスクールのリトルスプラウトの風景

 

神戸の英語保育、英語のプリスクール【リトルスプラウト】は、

日本語と英語の両方が話せるバイリンガルの子どもを育てるだけではなく、

日本の幼児教育を取り入れ、日本の文化、マナー、あいさつといった、

小学校に入って以降もずっと、その子を支え続ける教育を行っています。

 

英語のプリスクールと、幼稚園は、違うの?

 

私たち親の世代の感覚としては、「小学校の前に、まず幼稚園」「ご両親が共働きのご家庭は、保育園や託児所」といったイメージがあったのではないかと思います。

それが現在では、「小学校の前に幼稚園・保育園」というだけではなく、もっと積極的に子どもを通わせたい先を決める親が増えて生きています。

神戸の英語プリスクール、リトルスプラウトは、そんな中で、

「子どもをバイリンガルにしたい」

という親御さんのためのスクールです。

少し改まった言い方をすると、認可外の保育園ということになります。

そのため、子どもに積極的に英語を学ばせておきたい親御さんは、幼稚園のほかにも、こういった英語のプリスクールも、選択肢としてご検討頂ければと思います。

 

英語のプリスクールって、ウチの子は大丈夫なの?

英語のプリスクールと言っても、最初から英語が話せる必要は、全くありません。

場合によっては、完全英語のみを使うインターナショナルスクールへの入学と、同じようなイメージもあるかもしれませんが、全く異なっています。

神戸の英語保育、英語のプリスクールでは、英語を強要することは全くありません。

また、無理に教え込むようなこともしていません。

あくまで日本語をベースにして、日本の幼児教育やマナー、あいさつといった部分を学びながら、

子どもが自然に英語に興味を持つような環境づくりを行っています。

 

来年から幼稚園に通わせようかどうか、ご検討中の方は、

ぜひ無料の資料請求や見学、入学体験にお申込みいただければと思います。

 

神戸のプリスクール【リトルスプラウト】へのお問い合わせはコチラ

トライヤル(体験入学)

現地のご見学

資料請求

は、お電話かお問い合わせフォームよりお問い合わせください。